スライム

来てくれてありがとう♪


TOP映画レビュー作品一覧スライム


【 題名 】スライム
 
【 あらすじ 】
最新の設備を誇る巨大コンベンション・センターの地下で蠢くスラ
イム生命体の恐怖を驚愕のVFXで描くモンスター・パニック!
美しいリゾート地の山肌を切 り開き、建設された巨大施設“シダー
ゲート・センター”。
世界環境会議の開催を前にVIPたちが集まる中、事件は起きた。
次々と謎の死を遂げる、宿泊客・ 関係者たち。
調査に乗り出したダグラス牧師は、地下の下水施設に巨大化したモ
ンスターを発見する…。
 
【 しまうまレビュー 】

はい^^良くわかりません(笑)

自分は、この手を見るときに先にレビューなんかを見て、だいたいのあらすじやレビューなどを確認し
てから見てるのですが、なんの知識も無く見てたなら「ぽか~ん( ゜д゜)」となってい
たでしょう。

かの有名なドラ○エでは、ザコ中のザコさんであるスライムさんも、いざ主役に抜擢されたら、そりゃ
もう張り切って人間を溶かしちゃったりしまくるのだろう・・・。
と、思ってたのですが・・・

まず犠牲者一人目・・・
映画の冒頭で、ブルドーザーに襲われてやられます。

そして、舞台は進んでなにかのイベントを開催しようとしているホテル

犠牲者二人目
なにかに襲われて死にます。死因は発作?です。外傷は無しです。

犠牲者三人目・・・
変なおばあさんが現れてしにます。死因は自殺??

あれ?スライムは?(`-д-;)ゞ

そしてヒロインの女性が犬に襲われます。

はい。犬です。スライムではありません。。(゚´Д`)

危機一髪で、主人公のエセ神父に救われるのすが。。。

あ、ヒロインの女性は美人なんですが少しおばちゃんです。
助手の女の子の方が、可愛らしかったです。(´∀`v)
とりわけ美人じゃ無いけど、世の男性ならわかる部分もあると思います。
エセ神父は、神父なのに普通に映画で出て来る神父とはキャラが違うってことでエセをつけました。
以上。しまうまからの業務連絡でした。ヽ(*´v`*)ノ

ここで、ちょくちょく出てきた設備修理屋さんの二人組み。
犠牲になるためだけに登場したような二人組みです。

ホテルの水道が詰まってるらしくて、下水に入ります。
やっぱり犠牲になるためだけに出て来た二人組みです。
はい。やられました。

スライムではありません。
えっと、ゾンビ?みたいなのにやられちゃいましたヽ(*゚ω゚)ノ

ここで、しまうまは映画のタイトルを確認しました。
間違いなく「スライム」って書いてました

主人公のエセ神父とヒロインの美人だけどおばちゃんが山小屋みたいなとこに入っていきます。

そこに、学者がいます。
キャラ的にイライラするので
イライラ学者と命名します。
そのイライラ学者はスライムを調べていて、スライムLOVE満開な人です。
スライムらしきもの…。
どう見ても重油を垂れ流したとしか思えませんが、すごくそれが美しいらしいです。

まあ、人の美的感覚はそれぞれなんで、いいですが・・・(・∀・;)

曰く、スライムさんってすごく賢くて話せばわかるらしいです。
(´エ`;)ヘーソウナンダ

ここで、やっとこのイライラ学者からネタバレ話が聞かされます。

実はスライムさんに触れたら、その人が一番怖いものが幻で見えて、死ぬらしいです。

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

そういえば、犠牲になった人たちって何かにさわってたなぁ・・・。

黒くてドロッとしたやつに・・・。

∑o(*'o'*)oハッ!あれがスライムだったのか!?

重油じゃなくてスライムかぁ・・・。いや、重油にしか見えなかったが・・・。(゚ー゚*?)




ここで、このレビューの最初に戻りますが。
このイライラ学者のネタバレ話が出るまでは、最初にレビューなどを見て、ある程度この映画に
対しての知識をつけとかないと本当にわかりません。

普通一般的にスライムってのは、ドロドロ溶かしてパクって食べちゃうイメージだと思うのですが。

いや、それで良かったやん。
そっちのほうが、個人的に面白そうだし。( ̄Д ̄;;



で、なぜか急展開で地下に乗り込みます。

普通の映画なら、スライムさんの生まれた諸事情やら、やっつける方法などが入ると思うのですが、
尺の都合でスルーらしいです。(-。-;)

メンバーは4人。

主人公のエセ神父とおばちゃんヒロイン、イライラ学者、そして書くの忘れてましたが警備担当の
元刑事さんです。

はた目には必要ないのに、元刑事さんが「時間を稼ぐ」って犠牲になったりして、最深部に到達です。

いました!スライムさんの本体です!

なんか、筒状のとこに橋があってその下でウニウニしてます。

えっと・・・。

しまうま的には、昔流行ったスライムのおもちゃ?


↑こういうやつ

みたいなイメージのスライムさんを想像していたのですが、まったく違う怪物です。
かなーり昔の映画「人喰いアメーバの恐怖」みたいなのを想像してたのになぁ・・・。

でも、その怪物はかっこよくてタイプです。(*'-')b OK!
しまうまのスライムのイメージとは程遠いですが、気にしないことにしておきます。

さて、ここからワクワクの怪物スライムとの激しいバトルが始めるのか!

と、ずっと片手に持って遊んでいたスマホのゲームを置いて本気鑑賞モードに入りました。
( ・`ω・´)

まず、イライラ学者が橋から落ちて食べられました。

なぜか橋が壊れたみたいです。

でも、その学者はスライムLOVEの上、スライムさんに「美しい~~~!!」っと叫びながら嬉しそう
に落ちたので本望でしょう。

つづいておばちゃんヒロインが落ちそうになります。

エセ神父が必死で手を出して、食い止めます。

でも落ちちゃいました。

でも落ちたのは幻覚でした。

(ここで、またスマホに手を出してゲームの続きをやろうと思いましたが、なんとか踏みとどまりま
した。)

そして、おばちゃんヒロインはなにか呪文を唱えはじめます。

スライムが大人しくなりました。

と言うか、スライムさんは下でウニウニしてるだけで、まったく襲ってこなかったような。

あれ?激しいバトルは?

ただ単に、下にスライムさんがいる橋から落ちそうになるだけの様な・・・。

ねぇ、バトルまだぁ~?
スライムが襲ってきて、必死に逃げる感じの盛り上がりわぁ?

とか、思ってるうちに場面が切り替わって、どうやってかはわかりませんが地上に出てきました。

ん?まったく盛り上がらなかったのですが・・・。

そこで主人公のエセ神父とおばちゃんヒロインの会話によると、最後におばちゃんヒロインが唱えた
呪文は、昔教わった大地を敬う呪文らしいです。
それが、スライムさんにわかって大人しくなったらしいです。

「へー。そうなんだー。ふーん。どうでもいいや。」って感じです。

で、最後に悪役が重油スライムに触って終わりです。






えっと、すごーく地味ですね。
まったく盛り上がりが無く終わってしまいました。
よくあるモンスターパニック的なものを期待すると、ビックリするでしょう。
まぁ、環境問題がテーマに含まれてるらしいし・・・。
だから、最後の呪文でスライムさんが大人しくなったのか。
どうでもいいですが。
あっ、ちなみにこういうB級らしい、エッチシーンやお笑い系もまったくありませんよ。
最後は尺が無さ過ぎてしかたなく、説明も何も無く、まったく盛り上がりも見せずに強引に終わらせた
のだと生暖かい目で見ています。







CD&DVDご購入は↓





来てくれてありがとう♪

COPYRIGHT@2013 SHIMAUMA ALL RIGHTS RESERVED.